いのすけの日記

~2019年からスタートした日記。毎日UPを目標にしています~

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(映画48本目)

こんにちは、いのすけです。

 

「マーベル作品を徹底的に観よう」

キャプテン・アメリカ」 の続編。

アベンジャーズの中では『フェーズ3』に入ってくる。

 

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

f:id:inosuke1009:20191015083332j:plain

〈あらすじ〉

日本でも大ヒットした『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが“アベンジャーズ”のリーダーになる所から始まる。人類の平和を守るための“アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的・物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動を禁止する。《一般市民を危険に晒してしまった》という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、《自らの行動は自らが責任を持つべきだ》という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。お互いが《平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい》という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の続編。

だけど、いろんなヒーローが出てくるのでアベンジャーズの続編な感じ。

 

今作からスパイダーマンアントマンブラックパンサーアベンジャーズと合流する。

見前にアントマン、見終わった後にスパイダーマン』『ブラックパンサーを鑑賞することをオススメするかな。

 

『ヒーロー』vs『ヒーロー』。

いわゆる内部分裂というわけだ。

「戦いで犠牲になる人々に対する責任」と「ヒーロー達の責任」の意見がぶつかり合う。

 

キャプテン・アメリカ」vs「アイアンマン」。

見ごたえがありましたな。

 

トニーの両親との繋がりが、こう繋がっていたとは。。。ね。

 

最後は「トニー・スターク」に同情。

 

 

ではまた。