いのすけの日記

~2019年からスタートした日記。毎日UPを目標にしています~

映画『ヴェノム』(映画58本目)

こんにちは、いのすけです。

 

マーベル作品をとりあえず『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで見終えた。

次何を見ようとTSUTAYAをうろちょろしていたら、ある映画を発見。

「ダーク・ヒーロー」というキーワードが気になって、ついつい借りてしまった。

 

『ヴェノム

f:id:inosuke1009:20191031160444j:plain

〈あらすじ〉

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく――。 エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!

 

『ヴェノム』といったら、『スパイダーマン』の敵キャラ。

映画だとスパイダーマン3』に出てきたキャラクターでもある。

その『ヴェノム』が、今作では「主役」として登場する。

適役が「主役」ってどうゆうこと?って思うよね。

 

主役を演じてるのは『トム・ハーディ』。

インセプション』の映画で、出演していたのが印象的。

好きな俳優さんの1人でもある。

 

早速見てみると「ダーク」なんだけど、愛らしい場面もあってお茶目な印象。

ちょいちょい笑えるシーンもあって、ストーリーは楽しめる。

アクションは「バイクのシーン」が一番楽しめた。

ヴェノムの体?本体?を巧みに利用して、走行するシーンは熱い。

 

人を襲って暴走する映画かと思ったけど、ちゃんとヴェノムの「適役」も存在して街を守ろうとする映画で、想像と違った。

でも強盗を食べちゃうシーンを見て、確かに『ダーク・ヒーローだな』って思った。笑

 

最後の終わり方、絶対続編がある!

来年公開する噂があるので、機会があったら見たいと思います。

 

 

ではまた。

 

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com