いのすけの日記

~2019年からスタートした日記。毎日UPを目標にしています~

映画『君の膵臓をたべたい』んー、なんかな・・・(映画64本目)

こんにちは、いのすけです。

 

久しぶりに自宅で『映画鑑賞』

原作の小説は見たことないが、タイトルだけは聞いたことがあった作品。

 

『君の膵臓をたべたい

f:id:inosuke1009:20191125075818j:plain

〈あらすじ〉

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人――。

 

小説が原作で、その小説が『映画化』した作品。

でも私は小説を見たことがないので、まったく知識がない状態で鑑賞。

 

まず思ったこと。 

ヒロインの浜辺美波さん』、、、

めっちゃ可愛い。笑

 

北村匠海くんも演技上手かった。

けど、イケメン過ぎて「クラスで一番地味なキャラ」には無理がある気がした。

 

肝心な内容なんだけど、最初は若い人向けの『恋愛映画』かと思っていた。

が、全然20代後半で『恋愛映画』を好まない人でも全然見れる作品。

というより『青春映画』だったね。

 

『共病文庫』という日記の名前のつけ方がいい。

俺ならもっとマイナスなタイトルを付けちゃうと思う。。。笑

 

この作品の終わり方が、めっっっちゃモヤモヤした。

そうゆう終わり方なの!?

いい意味で裏切ってきたけど、その後があっさり終わって、ちょい残念。

小説だと、その後続いて内容がもっと濃いのかな?

 

最後に・・・

 

「ガムいる?」

このセルフが頭から離れなかったな。

今度使お。笑

 

ではまた。

 

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com