いのすけの日記

~2019年からスタートした日記。毎日UPを目標にしています~

目指せ年間100冊『5Gでビジネスはどう変わるのか』(読書5冊目)

『5Gでビジネスはどう変わるのか』を読んで 

f:id:inosuke1009:20200112121320j:plain

『5Gでビジネスはどう変わるのか』

著者 クロサカタツ

 

今年(2020年)から本格的なサービスが始まると言われている『5G』

皆さんも一度は、ニュースや雑誌な度で聞いた事・見た事があるのではないでしょうか?

「聞いたことはあるけど、5Gって何ができるの?」っていう方は多いと思います。

なので今回は、私も『5Gについて』勉強しなきゃと思い、この本を購入して読んでみました。

”5G”とは何か?

まず5Gの”G”とは、10年を一つの区切りとした『ジェネレーション(世代)』を意味しています。

5Gとは、『次の世代(第5世代)の移動通信システム』のこと。

 

『主な技術的特徴』が3つあります
  1. 超高速
  2. 低遅延
  3. 多数同時接続

この3つのサービスが展開することで、

「これまでにない新しいサービスが生まれるのではないか?」

「企業にとって千載一遇のチャンスになるのではないか?」

など、5Gには”期待”が高まっています。

『超高速』について

 『超高速』とは、『高速通信の現実』のことです。

「具体的にどのくらい早くなるのか」と言いますと、。

『低遅延』について

『低遅延』 とは、『タイムラグが小さい通信』のことです。

例えば、スマホ動画を見ている時。

良いところでネット環境が悪く読み込みができなくなり、クルクル読み込み画面になってイライラしたことはないだろうか。

それが『5G』になることで、そのイライラが解消されやすくなります。

『多数同時接続』について

 『多数同時接続』とは、『あるエリアの中でできるだけたくさんの端末を収容できるおようにする』ということです。

例えば、人混みの場所でスマホで何かを検索したい時、「繋がりにくいな」なんて思ったことありませんでしょうか。

『多数同時接続』が可能になることによって、そんな思いともおさらば出来る。

 

5G時代の事業企画の鍵

著者『クロサカタツヤさん』が本書で、3つのポイントを述べていました。

  1. 新しいマネタイズプラットフォーム
  2.  ダイレクトなブロードバンド
  3. フルコネクテッド

どう言う事なのかを、簡単に説明します。

新しいマネタイズプラットフォーム

意味としては、『サービスから対価を得るための集金装置』

例えば『au』『SoftBank』『docomo』といった通信業者の存在。

各社の通信サービスに『通信料金を支払う』といった事が、5Gになっても引っ張っていく存在となって来ます。

他でいうと『Hulu』『Netflix』といったサブスクリプション(月額課金)サービス』も言えるでしょう。

ダイレクトなブロードバンド

まずブロードバンドとは、『高速で大容量の情報を送受信できる通信網』のこと。

「今でも出来ている事」だと思いますが、現在のブロードバンドは「宣言通りの性能」をいつでも発揮していません。

例えば、昔はプロ野球中継が地上波でよく流れていましたが、今は人気が下がってきてしまい、一部のファンが『DAZN』『パリーグTV』などに加入してインターネットで見るようになりました。

シーズン後半になると『優勝が決まる』ってなった時には、ネットでの視聴が急増し、共有の回線を使用しているせいで回線が混み、パフォーマンスが下がって『タイムラグ』になってしまう。

5Gであれば『直接電波を飛ばす』ので、「タイムラグが無くなる」といった今より質のいい『ブロードバンド環境』が利用できるのです。

フルコネクテッド

フルコネクテッドとは、「フル=どんな時でも」「コネクテッド=接続している」 という事。

4Gであれば『インターネットに繋がれば便利』となっていたが、5Gであれば『常にインターネットと接続されている』ということになる。

『常にインターネットと接続されていると、どんなメリットがあるのか』というと、『外気温の変化や室内の稼働状況』を自動的に判断して、空調を自動制御してくれます。

仕事帰りに家まで「あと1km」となった時に、自動的に自宅のエアコンが起動して、帰宅した時に『部屋が快適な室温になっている』ということにもなりますね。

 

5G市場の本命は『非スマートフォン

これはどういうことなのか。

2020年から10年間は続く5G時代において、サービスの「本丸」はスマートフォンでは無い』と書かれていました。

では、何が「本丸」なのかというと、通信分野で世界的な市場調査を行なっているオーバム社によると『ゲーム』『動画配信』が急成長すると予測しています。

 

『ゲーム』も『動画配信』もスマートフォンにフォーカスしている訳ではなく、大画面の『テレビ』にフォーカスされているので、5G市場の本命は『非スマートフォン』となるのです。

 

5Gが完全に普及するのはいつ?

5Gが完全に普及するまでの”4段階”

  •  黎明期+ピーク期(2017年~2019年)
  • 幻滅期(2020年~2022年)
  • 啓蒙期(2023年~2025年)
  • 安定期(2026年~2029年)

【黎明期+ピーク期とは】

メディア報道によって注目され、初期の宣伝によるサクセスストーリーが紹介され流時期。

【幻滅期とは】

宣言通りの成果が出ないので、関心が薄れる時期。

【啓蒙期とは】

具体的な便益を伴った事例が増え始め、理解が広がり始める時期。

【安定期とは】

主流としての採用が始まる時期。

 

結論:世の中に5Gが普及する時期は、『2026年前後』と予想ができます。

 

最後に

これから”5G”の時代がやってくる。

この特徴を活かして、これからの仕事にどう繋げていくのか。

これが『これからの課題』になってきそうですね。

「もっと詳しく知りたい」という方は、ぜひ買って読んでみてはいかがでしょうか。

 

ではまた。

 

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com