いのすけの日記

~2019年からスタートした日記。毎日UPを目標にしています~

目指せ年間100冊『夢をかなえるゾウ』(読書7冊目)

『夢をかなえるゾウ』を読んで

f:id:inosuke1009:20200115223718j:plain

『夢をかなえるゾウ』

著者 水野敬也

 

 

この本は「どんな本」なの?

表紙にもなっているガネーシャという「関西弁」を使う神様が登場する自己啓発本です。

2007年に発売されて「大ヒット」し、ドラマ化されたりもしている作品。

 

「笑えて」「感動して」「タメになる」

 

めちゃくちゃ読みやすい小説となっているので、『小説を読んだことが無い』人にもオススメです。

ストーリー

主人公は、さえないサラリーマン『僕』

その『僕』がある日「誕生日パーティー」にした時の事。

その誕生日パーティーには、有名な『実業家』『プロ野球選手』『アイドル』といった有名人ばかりが参加していて、誰からにも相手にされず『ずっと一人ぼっち』に。

その時『僕』が思ったことは、『変わりたい』ことだった。

 

そう思った時に現れたのが、インドの神様ガネーシャだった。

ガネーシャは、『ある契約』をすれば『成功へ導いてあげる』と言った。

その契約とは『各課題を実行すること』

毎日出される課題は、とても簡単な内容で、一日で出来ちゃうレベル。

 

大切なことは『きちんと実行をする』こと。

 

その契約を『僕』は、受けることにした。

そして、その日から毎日ガネーシャから『課題』を出されていくのであった。

心に響いた言葉

ここからは、読んでいて「これはいい言葉だな」「確かにそうだよな」と言った言葉を抜き取って紹介しようと思います。

成功しない要素『人の言うことを聞かない』

最初の課題『毎日靴を磨くこと』と課題を出された時の話。

主人公『僕』は、いきなりこの課題を嫌がります。

僕「靴を磨いて、成功するとは思えない」

ガネーシャ「今まで自分なりに考えて生きてきて、それで結果出せれんから、こういう状況になってるんとちゃうの?」

僕「・・・」

ガネーシャ「成功しない為の一番重要な要素はな、『人の言うことを聞かない』や。」

 

これは、いきなり『心』に響きましたね。笑

 

我流でやっていると、時間だけが過ぎて『全く成長しない』

この『いのすけブログ』もいい例だろう。笑

早く成果を出すには『人の話をちゃんと聞くことだな』と身にしみている。笑

私の今の課題は『メンター』を探すこと。

 

結論:大事なのは『人の言うことは聞け』

 

『秘訣』を知りたいということは『楽』をしたい

『コンビニでお釣りを募金する』の課題を出された時の話。

僕「成功の『秘訣』みたいなのを教えて」

ガネーシャ「『成功するには自分が働くのではなく、お金に働かせなさい』みたいなのか?」

僕「はい、そういうことです」

ガネーシャ「ここに書いてるで」

(本棚から1冊の本を取り出す。)

 ガネーシャ「『秘訣』を知りたい、いうことは、要するに『楽』したいわけやん?」

僕『・・・』

こういう人って確かに多いと思う。

プロのカメラマンになりたい人で、プロのカメラマンさんに「綺麗に撮れるカメラの設定を教えて下さい」と聞いてくる人と一緒だと思う。

 

結論:大事なのは『自分で学ぶこと』

 

『ビジネスの得意な人は、人の欲を満たすことが得意』

『人が欲しがっているものを先取りする』の課題を出された時の話。

ガネーシャ「稼ぎいうんは、どれだけ他者の欲を満たせとるか、それが数字にそのまま現れとるんや。

欲を満たして、その対価としてお金を貰うのが『ビジネス』て呼ばれてるんや。

『ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ』てな。」

 

例えば、会社の人との『飲み会』。

上司の飲んでいたグラスが、もう少しで空きそうになる。

そんな時に「次何飲まれますか?」と聞く。

そこで上司は『気が利くな』と思うでしょう。

そういった行動の積み重ねが大事と、私は理解しました。

 

結論:大事なのは『視野を広げて、先取りしろ』 

 

『人間は意識を変えることが出来ない』

『決めたことを続けるための環境を作る』の課題を出された時の話。

一つ前の章で『一日何かをやめてみる』という課題で、『僕』は『テレビとインターネット』をやめた。

ガネーシャ「何日かしたら、なんとなく見てまうやろ?」

僕「いえ、時間の使い方を改めようと思います」

ガネーシャ「そう思っているだけやろ?」

僕「いや、大丈夫です」

ガネーシャが一つの本を指した)

ガネーシャ「この本いつ買ったん?」

(この本は何ヶ月前に『今月から1ヶ月に5冊の本を読む』と決めて買った本だった)

ガネーシャ「人間が変わろう思っても変われなれへん最も大きな原因は、このことを理解していないからや。『人間は意識を変えることは出来ない』んやで」

 

私も自宅で「筋トレ頑張る」という目標を立てても、結局帰宅すると「今日はいいや」と筋トレをサボっていることが多かった。

去年の半ばから『ジム』に通い始めてからは、今でも自分で決めた曜日には『必ず』行ってトレーニングを行なっている。

そういう環境づくりというのは、確かに大事というのはよく分かる。

 

結論:大事なのは『環境を作る、変えること』

 

『違う、座っとるだけや』

『最後の課題』に入るちょっと前の話。

ガネーシャからたくさんの課題をこなしてきた『僕』。

僕「何かありませんか、僕が本当に変わることのできる方法は」

ガネーシャ「ないことはないで」

僕「本当ですか?!」

ガネーシャ「自分が想像してるようなものやないねん。自分が期待しとるような成功の秘訣は教えられへん」

僕「理解しているつもりです」

ガネーシャ「今、この瞬間。今ワシの話を聞いてるこの瞬間、自分は、何しとる?」

僕「あなたと話しています。あなたの教えを聞いています」

ガネーシャ「ちゃうな。『座っとる』だけや」

僕「え・・・」

ガネーシャ自分は何かを学んで、知識を吸収しているかもしれない。けど、それは成長した気になってるだけや」

 

私で例えると、『本を読んでるだけでは、意味がない』ということ。

少し前の私であれば『読んで、満足して、終わりだった』

だが色んな本を読むようになって、考え方が変わり、アウトプットの方法としてこの『ブログ』を使っている。

大事なのは『行動すること』

 

結論:大事なのは『行動をして、経験すること』

 

 最後に

この本は「自分を変えたいと思ってきたけど、一晩寝たら、どうでも良くなってしまったり、何か新しいことに進めない」人にオススメな本だと思います。

最初にも言いましたが、『小説を読んだことがない人』にもオススメです。 

値段もお弁当くらいの値段で買えるので、ぜひ読んで『行動力のある人』になって下さい。

 

ではまた。

 

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com