いのすけの日記

~2019年からスタートした日記。毎日UPを目標にしています~

目指せ年間100冊『思考の整理学』(読書13冊目)

『思考の整理学』を読んで

f:id:inosuke1009:20200123221538j:plain

『思考の整理学』

著者 外山滋比古

この本は「どんな本」なの?

この本は東京大学生・京都大学生」が根強く支持をするロングセラーの本。

キャッチコピー「東大・京大で一番読まれた本」知名度を高め、定期的に読者を増やし続けている。

発売されたのが「1983年」なので、刊行から36年で「240万部」を突破している。

今でもめちゃくちゃ売れている本なのです。

この本は主に「自分の頭で考えて、自力で飛躍するためのヒント」が書かれています。

プロ野球選手の中日『根尾昂選手』も、この『思考の整理学』を愛読書として紹介されていました。

 

これからは、本の内容をもっと詳しく紹介したいと思います。

「グライダー」という人間

皆さんは「〇〇の技術を学びたいから、勉強したい」と思った時、どこで勉強をしようと考えますか?

ほとんどの人が『学校』という選択肢を考えると思います。

理由は、学校には「教える人」「本」が用意されているから。

学校の生徒になると、先生と教科書に引っ張られて勉強をする、本書はこのような人の事を『グライダー』と呼んでいる。

 

「受動的に知識を得る人」=『グライダー能力』

「自分でものごとを発明・発見する人」=『飛行機能力』

学校に長くいると、大事な「飛行機能力」を伸ばすことが出来ないのだ。

 

グライダーになるとどうなるのか

グライダーは、言われた通りにすることは得意だが、「自分で考えてテーマをもて」いわれるのは苦手です。

ということは、「コンピューター」という、ずば抜けて優秀なグライダーに、仕事を奪われてしまうということ。

『AI』という言葉を良く耳にしていると思うけど、これが30年前以上に書かれている本と思うと、やっぱり本の『重要性』は大事だなと思った。

 

朝飯前

皆さんの『寝る時間』は何時でしょうか?

ついつい深夜番組とか見て深夜2時とかに寝る準備をする人は、一度は経験したことがあると思います。

何故か夜って「ワクワクしてしまう気分」になっちゃいますよね。

著者「外山さん」は、『朝考える事』『夜考える事』とでは同じ人間では違ってくるのではないか。と考えた。

実験で夜に書いた手紙を、朝、目を覚まして読んでみると、どうしてこんなことを書いたのかと思ったそうです。

なので『朝の方がちゃんと脳が働いている』ということになります。

『朝飯前』とは、『一日に最高の時間帯』と言える。

 

早起きをするのが辛い

中には『早起きをするのがしんどい』という方がいると思います。

そういう方は『朝飯を昼飯のタイミングと一緒に食べればいい』のです。

そうすれば『朝飯前の時間』がものすごく伸びる。

寝て起きて、お腹に何も入っていない、朝のうちが一番頭が働いている状態になっているので、いかに『朝飯の時間を長くするか』が大事!!

 

寝かせる

外国に『見つめるナベは煮えない』という「ことわざ」があるんだって。

どういうことなのかというと

煮えたかな、煮えたかな、と何度も何度も蓋を開け閉めしていると、いつまでたっても煮えない。

逆によくない結果になってしまうこと。

しばらく放っておく時間が必要。

簡単にいうと、そうゆう意味なんだけど、『考えること』にも同じことが言える。

何度も何度も「考えてしまって」は、出るべき芽も出られない

寝かせてあげれば、ナベの中はほどよく煮えているでしょう。

『考える』ことは、無理にすぐ決断するのではなくて、今解決出来ない問題は「寝かせておく」ことで、改めて考えると簡単に解決して、他の問題解決にも繋がります。

 

手帖とノート

寝かせ過ぎていると「忘れてしまって」、良いアイデアも無駄になってしまいます。

それを避けるために『手帖とノート』を手元に持っておきましょう。

何かを思いついたら、とりあえず何でも『記録』するのです。

そうするとこで、どうでも良いアイデアだったとしても、忘れずに育てていけるのです。

 

ホメテヤラネバ

外に出て『色んな人とふれあうこと』が、良いアイデアを生み出すのに重要なことと言われています。

何か一つだけのことを考えていると、『思考の自由な働き』の妨げになってしまい、創造性を損ねてしまうのです。

また関心の中心にある問題よりも、周辺にある問題の方が活発に脳が働くので、あえて周辺に移すだけで解決しやすくなるのです。

面白いですよね。笑

 

最後に

イデアを思いついたら、まずメモをすることが大事。

そしてそのアイデアを寝かせておくこと。

そうすることで『思考』が整理できます。

メモをしたら、新しいアイデアが頭に入りやすくなりので、様々な角度からアイデアが生まれてくる。

それを繰り返して『思考の整理』を行なっていけば、『飛行機能力=自分でものごとを発明・発見する人』を得る。

したがって、コンピューターに負けない人間になれるのです。

 

ブックオフ『¥250』で買ったんだけど、それ以上の価値がある本だと感じた。

コスパ最強!!!笑

「言われるだけの人間だな」って思った人、ぜひこれを読んで『思考力ある人間』になっていきましょう!

 

ではまた。

 

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com

www.inosuke1009.com